日韓夫婦と柴犬まめの韓国生活ブログ

ソウル郊外で夫と黒柴まめと3人暮らし

韓国で初引っ越し!韓国と日本の賃貸事情はこんなに違う!

私ごとではありますが、

月曜日に無事引っ越しが完了しました!

 

さらにソウルを離れた韓国生活になるので

週末はソウル郊外のカフェ巡りに

ますます精を出す所存であります♡

 

白黒素材【シルエットAC】

 

しかし、3月からなので約3か月間、

準備がものすんごい大変でした・・・ 

(私じゃないよ、旦那がね)

 

韓国の家事情って日本と全然違って

めちゃめちゃ複雑なんですよね。。

 

せっかくなので今日は韓国のおうち事情

ついて書きます。

 

 

 

 

韓国の借家システム

韓国では家を借りるのに

2つの方法があります。

 

 

1.チョンセ

保証金のみで家を借りる方法、

家賃は払わないシステム。

 

保証金は基本的に10,000万ウォン

(約1,000万円)以上~と高額

大家はこの保証金で資産運用をしているらしいです。

 

え、大丈夫なのそれ・・・と思う方もおられると思います(私もそうでしたw)

大丈夫です、保証金は出ていく際に丸々返ってきます。

 

少し前まではこの方法が一般的でしたが、

物価が上がり現金収入を求め

ウォルセ(家賃)を導入する大家が増えてきているようです。

 

基本は2年契約のところが多く、

2年経つとチョンセを大幅に値上げしてくる

(追加で要求してくる)大家もおり

2年ごとに引っ越している先輩もいました。。

 

 

2.ウォルセ

正確にはバンチョンセといいます。

(半分チョンセの意味)

 

名前の通り、保証金+家賃を支払うシステムのことで、日本と同じ感じです。

 

ただこの保証金もワンルームなどでも

1,000万ウォン(約100万円)以上

決して安いお金で入ることはできないです。

 

設備がちゃんとした単身者向け物件

(オフィステルといいます)でも大体

保証金:1,000万ウォン(約100万円)+

家賃:5万円~

くらいが多いと聞きます。

 

ただ、チョンセと同じで、

保証金は出ていく際に丸々返ってきます。

 

またウォルセの場合、

保証金が高ければ家賃が安くなり、

保証金が安ければ家賃が高くなる傾向にあります。

 

 

旦那がずっと日本で家賃もったいないとボヤいてた理由

日本で4年住んだ私たちですが、

旦那はずーーっと家賃が勿体ない!!!

ぼやき続けていました。

 

私は日本では普通だよ、、

くらいにしか思ってなかったのですがw

韓国に引っ越しこのチョンセというシステムを

知ってから、旦那が言っていたことが

やっと理解できました。

 

日本には保証金や謝礼金はあるものの、

出ていくときに普通は返ってこないし

返ってきても少額ですよね。

 

(確か保証金は出てった後の修理や補修に使われるんでしたよね?)

文字通り払いっぱなしってことになります。

 

韓国も最近ではウォルセ(家賃)が

一般的になりつつありますが、

それでもはじめに支払う保証金だけは

後で返ってきます。

それをずっと言ってたんだな、と。

なんか・・・ごめんね・・・w

 

無料イラスト【イラストAC】

 

韓国の住宅用語とその特徴

韓国の家は大きく分けて3つ種類があります。

※ここでは一軒家は除外します。

 

呼び方が日本語と似ていますが

違うものを指すので

一度ここで整理しますね!

 

1.オフィステル

f:id:i-and-bow:20200619094936j:plain

日本でいうところのワンルームを指します。

オフィス+ホテルの造語のようで、

その文字通り日本のワンルームよりも

高級な外観と高層さが特徴です。

 

あと室内もめちゃくちゃキレイらしいです!

基本的に単身者用ワンルームが多く、

家賃を支払って住みます。

しかもお家賃、結構お高いです、、

またチョンセで住めるオフィステルはほぼないと思います。

 

一部ファミリー向けオフィステルもあるようで

友人夫婦が住んでいますが

結構せまいといっていました><

 

日本のワンルームとの違いは、

ワンルーム

・世帯数が少なく、エレベーターが無いところも多い

・ゴミ捨て場とかがない

・守衛さんがいない、セキュリティが甘い

・住宅地にある

・家具が揃っているかは大家次第

 

オフィステル

・ビルのような外観、高層でエレベーターは必須

・ゴミの管理などは徹底している

・守衛さん常駐、セキュリティ強化

・繁華街にある

・家具や家電が一通り揃っている(備え付け)

引用元:https://tabinasubi.com/post-6302/

 

住んだことがないので

知識をお借りしました。。

 

守衛さんがいるので

セキュリティはかなりしっかりしてる

イメージです!

 

室内写真を見ても

f:id:i-and-bow:20200619094938j:plain

引用元:https://www.owchikorea.com/2019/07/lexoffistel/

洗濯機や冷蔵庫など

家具や家電が備え付けなので初期費用がかからず、

初めての一人暮らしの場合や

ワーホリ・留学で来られる方で

女性なのでコシウォンだとセキュリティや

プライバシーが心配・・・

という方にもおすすめです!

 

 

2.アパート

f:id:i-and-bow:20200619100641j:plain

日本でいうところの高層マンションです。

旅行で来るとアパートだらけやな~

思う方も多いはず!w

 

基本は家族で住むため2ルーム以上で、

チョンセ、ウォルセ、売買どれもありますが

ソウル・ソウル近郊のアパートの価格が年々上昇しています。

 

ソウルだと

2ルーム(2LDK)でも7億ウォン(7000万)

とかします!

どひゃー!←驚き方古い

 

基本的に日本の団地みたいな群になっていて

守衛さんがおり、公園やテニスコートなどが

敷地内にあります。

 

また別記事で詳しく書きますが、

韓国では不動産投資がめちゃくちゃ盛んで、

特にアパートは

その価格の上り方が1番なんです。

 

また投資目的で購入する人も多く、

なので家庭を持つ方や稼いでいる独身貴族は

まずこのアパートの購入を目標とします。

 

無理なローンを組んででもアパートを購入し、

そして値段が上がるのを待ち、上がれば売って

さらにいいアパートに引っ越すというのが

韓国人のセオリーな感じです。

 

みんなしょっちゅう

不動産の話してますよ。。

 

ソウルやソウル近郊では最近は1年の間に

1000万円も値上がりすることも!

すげー!!

 

写真素材無料【写真AC】

 

3.ビラ

f:id:i-and-bow:20200619101328j:plain

SACOが引っ越したのがこういった

5階建てくらいのビラ。

 

日本でいうとハイツとかコーポ?

同じ感じだと思います。

 

アパートとは違ってお手頃なので

守衛さんがいないため、その分

セキュリティ面を懸念する人もいるようです。

 

室内はアパート同じくらいキレイで、

アパートやオフィステルと違う点としては

外ベランダやバルコニーがある物件も多い

ところだと思います。

(アパートやオフィステルは外ベランダは

室外機置きしかありません)

 

基本は家族で住むため2ルーム以上で、

チョンセ、ウォルセ、売買どれもありますが

アパートとは違って価格が上がりにくいので

投資目的で購入する人はあまりいないようで、

普通に暮らすための物件ですw

 

なので義理のお母さんからはビラは買うな!

と言われます。。

値段が上がりやすい順としては

アパート>一軒家>ビラ らしいです。

 

 

庶民派SACO家の引っ越し事情

最後に今回のSACO家の引っ越し事情を

解説しますw

お時間があればどうぞお付き合いくださいw

 

今まで住んでいたビラ

2年間住んだビラは

築30年とかの古い建物で、

広さは日本でいうところの2DKと狭め。

 

さらに、

キッチンと風呂トイレがほんと古くて、爆

人生でこんな家に住むなんて

思いもしなかったよ・・母さん。

 

費用はこちら

  • 保証金:3000万ウォンくらい(約300万円)
  • 家賃:30万ウォンくらい(約3万円)
  •  

日本に住んでた時に

あまりお金貯まらなかったので

とりあえずお金を貯める目的で

かなり安い物件に住みました。

 

ほんとよく耐えた、私w

 

けど、今となってはよい思い出だし、

ソウルに出るにも立地は最高だったので

文句はいえません(←今めっちゃ言ってた)

 

 

引っ越した先のビラ

やっと人並みのビラに引っ越しできました!

 

広さは3LDK(トイレ2つ)

↑実際トイレ2個もいらないけどね

 

5年前の建築なので全体的にきれいです。

前に比べて交通の便は悪くなりましたが、

韓国は大体どこでも

バスが通っているので、問題ありません。

 

しかも銀行でチョンセローンが降り、

借りることができたので

  • ウォルセ(家賃)なしで利息+管理費

だけで暮らすことができます!

 

すると固定費は多分月に1万円ちょいで

月2万円の固定費コストカット成功です!

 

ちなみに車もありますが

駐車場代はありません。管理費込みかな?

 

 

 

韓国で家を借りるには初めにお金が必要

日本と韓国の借家事情の違いとしては、

韓国でははじめにまとまったお金が必要

だという点です。

 

なので日韓夫婦も移住してすぐは

SACOみたいに古い建物で苦労して住んだ

経験者もいらっしゃるようです。

 

でも貯めれば貯めた分、

保証金として預けていても

あとで返ってくるので、

どんどんお金を貯めることができます。

 

SACO家も

チョンセの理解と物件探しはなかなか大変

でしたが、チョンセで引っ越しできたので

家賃もローンもないこの2年間に

しっかり貯蓄していこうと思いますw

 

目標はまめと新しい子をお迎えできるような

庭つき一軒家の購入です!がんばるぞー!

長々とお付き合いありがとうございました。

 

それでは!

 

白黒素材【シルエットAC】