日韓夫婦と柴犬まめの韓国生活ブログ

ソウル郊外で夫と黒柴まめと3人暮らし

未だに女子にお茶くみさせる日本の企業に物申す

こんにちは、SACOです!

別にSACOはフェミニストとか

そんなのではないですが

 

日本企業のお茶くみなどの雑用を

女子がやる風潮ってどうなの?

 

ってずっと違和感があったので書きます。

ゆとり世代の戯言だと思って

読んでいただけたら幸いですw

 

 

 

 

SACOのお茶くみ時代の疑問

f:id:i-and-bow:20200625100034j:plain

日本で会社員時代、別段お茶くみに

不満があったわけではないけど

なんだか違和感はありました。

 

お客さんがきたらニコニコしてお茶出し。

そのために女子だけ制服着用義務って。

そんなに重要?って思ってました。

 

というかそもそもビジネスの場で

ニコニコ愛想ふりまく必要あるか?って。

 

普通はやって当たり前、

大きなことではないっていわれると思います。

 

友人でもそれを疑問視する人はいなかったし、

私だけおかしいのかなと思っていました。

 

実際、母の時代は、

飲み会の席でお酌させられたりは普通、

チークダンスまでさせられたよ

といってましたw(今じゃ完全アウトー)

 

そんなことで文句言ってたら

会社で働けないよっていわれましたが

今の時代に合っていないような、

言葉にしがたい違和感

ずっと持ち続けていました。

 

 

 

事務職員は家政婦でもコンパニオンでもない!

f:id:i-and-bow:20200625111218j:plain

 

SACOもお茶くみ時代は事務職として

採用されていましたが

 

事務職=女性 営業職=男性

 

がはっきりわかれた少し歴史ある

典型的な日本の中堅企業でした。

(ここでの事務職とは一般事務職です)

 

そこで疑問だった女子限定業務がこれ。

  • 来客時のお茶くみ
  • 出張土産配り
  • お昼に交代で電話番

どれも男性社員でもできませんかねえ・・・

女子だけでやる必要、あるんでしょうか。

 

また当時お客さんに言われた

衝撃的なひとこと。

「そりゃあ暑苦しいおっさんより

若い女の子にお茶入れてもらったほうがいいよ」

え、なに?

キャバクラかなんかと勘違いしてんの?

と腹の中で思ったのを覚えていますw

 

事務職員はあなたの奥さんでも、家政婦でも

ましてやコンパニオンでもなく

同じ会社で働く同じ社員です。

 

勘違いしたおっさん共が上にいる限り

日本のこういう企業体質は

変わらないと思います。

こんな記事も見つけましたのでぜひ。

business.nikkei.com

 

 

韓国ではもう何年も前からお茶くみさせない風潮

韓国にきていろんな人と話してみると、

今時女性社員にお茶くみさせるような

会社なんてないよ。

っていうではありませんか。。

 

義母の世代(今50代半ば)でさえ

私の時代はお茶くみあったけど

今させたら問題になるわよ、

と言っていました。

 

もし韓国女子にお茶いれてって頼んだら

  • ①「なんで私がやらないといけないんですか?」といわれる
  • ②その場はやってくれるけど裏で悪口いわれたりネットに書き込まれる

韓国の女子はしたたかです。

 

確かに、韓国の会社では対応する人自身が

お茶などを準備してたと思います。

 

気の知れたお客さんであれば

お客さんはウォーターサーバーで

勝手にお水とかコーヒーミックス開けて

飲んだりしますw

 

韓国でお茶くみ、頼まれたこともありません。

とても新鮮でした。

 

 

事務職=女性というイメージがお茶くみを連想させるのでは

f:id:i-and-bow:20200625111217j:plain

 

別に自分が事務職が苦手だからって

わけではないですがw

 

事務職=女性というイメージが、

女性社員がお茶くみ要員になっている

原因の一つではないかと考えます。

 

SACOは日本のドラマあんまり見ないんですが

唯一、

半沢直樹と下町ロケットが大好きです。

↑突然。

そんな大好きな下町ロケット(1の方)

を見ても女性事務員がお茶くみ

してましたよね。。。

あれも完全にイメージ入ってるなと思いました。

 

別に採用する側としては

事務職に男性が応募してもいいつもりで

求人出してるんでしょうけどw

イメージの問題と、あと一般の事務職は給料が低いので

男性は総合職でたまたま配属にはなっても、

ピンポイントで一般事務へはあまり応募しないのかなと思います。

 

逆に言えば、

女性は結婚するから給料が安くてもいい、

という考えの裏返しに思えます。

(実際そう言っている中小の社長にあったことあります。怒)

 

 

事務職を経験した結果、私が社長ならお茶くみ要員は雇わない

私が事務職をやってみた感想は、

私が社長なら事務職は雇わない

と思いました。

 

結局お茶入れやら、掃除やら、

備品の管理やらを

自分たちでやるのが嫌なおっさんたちのために

貴重な給料払うってどうなの。。。

自分たちでやればいいんです。

 

私がいた中堅企業を例すると、

事務職も営業職にしてしまえば、

仕事の分配ができるので

雑務だってみんなで協力することが

できますよね?

 

しかもAI化で事務職はなくなる仕事に

ランクインしています。

daini2.co.jp

 

よっぽど優秀なスーパー事務員なる

社員であれば会社側は

残ってくれ!と言ってくれるでしょうが、

今後一般事務の求人数自体減っていくことも

でてくるのかもしれません。

 

 

 

まとめ

SACOが古めの中堅企業にいたので

いわゆる日本の典型的な男女で

職業分離のある会社でしたが

新しい企業やベンチャー企業では

そんな時代遅れな風習なんてないですよね?w

 

未だに日本に残っている古い

男尊女卑の企業風習、

いつか変わってほしいなと思います。

それでは!